1. 福岡県共助社会づくり基金
  2. 寄附について
  3. 寄附者のメリット

寄附について

寄附者のメリット

税制上の優遇措置

福岡県共助社会づくり基金にご寄附いただいた場合、次のような税制上の優遇措置があります。

企業の場合

資本金の額にかかわらず、寄附金の全額を損金算入することができます。(法人税法第37条)

個人の場合

所得税 [寄附金額の合計額-2,000円]×所得税の限界税率
※総所得金額の40%-2,000円が上限です。
(所得税法第78条)
個人住民税 ①基本控除
 [寄附金額-2,000円]×10%
②特例控除
 [寄附金額-2,000円]×[90%-所得税の限界税率(0~40%)]
※個人住民税所得割の1割が限度です。
(地方税法第37条の2及び第314条の7)
相続税 相続又は遺贈により取得した財産を申告期限内に一定の要件を満たし、寄附した場合、その寄附をした財産は、相続税の課税価格の計算に算入されません。
※寄附財産は現金に限ります。
(租税特別措置法第70条)

お名前の公表等

このホームページや情報誌「共助社会づくり基金ニュース」などで寄附された方のお名前等を公表します(ただし、匿名希望者は除く)。

~ご確認ください~
○ 税制上の優遇措置を受けるには、所得税の確定申告や住民税の申告手続きが必要です。
○ 具体的な控除の額は、所得や家族構成により異なります。具体的な控除額等については、同様の優遇措置がある「ふるさと寄附金」ホームページをご覧いただくか、各担当部署へお問い合わせください。

認定NPO法人への寄附について

暮らしや社会が少しでも良くなるようにと、地域課題の解決のために頑張っているNPO法人。その活動に共感し、「応援したい!」と思っても、実際に足を運んでその活動に参加することが難しい場合…、NPO法人に直接「寄附」を託すことも応援の気持ちを表す一つの方法です。

福岡県NPO・ボランティアセンターホームページ「ふくおか協働ひろば」では、県内のNPO法人の基本情報や活動の実績報告書等を公開しているほか、各団体が発信する「イベント情報」、「ボランティア情報」などをご覧いただくことができます。NPO法人の情報をお知りになりたい方は、是非ご活用ください。

※団体情報を探すには…
「かんたん団体検索」機能をご活用ください。団体名、活動分野、市町村、キーワードなどで検索ができます。
福岡県NPO・ボランティアセンターホームページ

また、寄附をすると税制上の優遇措置が受けられる「認定NPO法人」をご存知ですか。福岡県内に主たる事務所を置く認定NPO法人や、税制上の優遇措置などについて詳しくお知りになりたい方は、こちらをご覧ください。
福岡県NPO・ボランティアセンターホームページ「NPOと寄附」

ページの先頭へ戻る