1. 福岡県共助社会づくり基金
  2. 共助社会づくり基金とは

共助社会づくり基金とは

共助社会づくり基金とは

趣旨

福岡県では、NPO・ボランティアや企業、行政などの多様な主体が地域の課題を解決するため、互いに支え合い、共に助け合う「新しい共助社会」の実現を目指しています。

福岡県共助社会づくり基金は、この趣旨に賛同いただいた県民や企業の皆さまの思いを「寄附」というかたちでお預かりし、「NPO・ボランティアが多様な主体と協働して地域課題の解決に取り組む社会貢献活動」へとつなぐ基金です。

寄附者の思いを受けとめます

本県が進める「新しい共助社会づくり」の趣旨に賛同し、寄附を通じて「広く地域課題の解決を図る取組を応援したい」という県民や企業の皆さんから、「寄附」をお受けします。寄附者が、応援したい活動分野やテーマを指定して寄附することもできます。

お預かりした寄附は、「福岡県共助社会づくり基金」で管理し、外部有識者を含む基金運営委員会の意見を聴きながら福岡県が運営にあたります。(担当部局:福岡県新社会推進部社会活動推進課NPO・ボランティアセンター)

寄附者の思いを、課題解決に取り組むNPOへとつなぎます

お預かりした寄附は、「NPO・ボランティアが多様な主体と協働して地域課題の解決に取り組む社会貢献活動」の支援に活用します。

NPO・ボランティアから、多様な主体と協働で取り組む事業の企画案を募集し、審査を経て、助成対象となる事業を決定します。

寄附金を活用した事業の成果をお知らせします

NPOにより実施された協働事業の成果は、成果発表会の開催や情報誌「共助社会づくり基金ニュース」の発行などを通じて、広く県民の皆さんにお知らせします。

共助社会づくり基金に関する条例・要綱等はこちら

福岡県共助社会づくり基金リーフレット

ページの先頭へ戻る