1. 福岡県共助社会づくり基金
  2. お知らせ
  3. イオン九州株式会社及びマックスバリュ九州株式会社から「福岡県共助社会づくり基金」への寄附金の贈呈を受けました!

お知らせ

イオン九州株式会社及びマックスバリュ九州株式会社から「福岡県共助社会づくり基金」への寄附金の贈呈を受けました!

2017年4月25日

平成29年4月25日(火)、イオン九州株式会社の柴田祐司社長とマックスバリュ九州株式会社の佐々木勉社長から、本県の「共助社会づくり」に対する寄附金が贈呈されました。
・ 寄附金額 6,754,030円
県とイオンが平成24年4月に締結した包括提携協定に基づき、電子マネー「ふくおか共創WAON」の利用額の一部をご寄附いただいたもので、今回で5回目になります。
この寄附金は、「福岡県共助社会づくり基金」へ受け入れており、これまでの寄附金の総額は2,621万円余となります。
いただいた寄附金は、ふくおか地域貢献活動サポート事業(NPOが企業や行政など多様な主体と協働して地域課題の解決を図る社会貢献活動に対する助成)に活用しています。

贈呈式では、イオン九州株式会社の柴田社長が、「昨年は特に熊本地震の震災支援として、農作業ボランティア等をNPOでやっていただき、それを我々がお手伝いできたことは大変嬉しいことです。今後も、地域貢献活動を続けていきたいと思います」とご挨拶されました。

続いて、マックスバリュ九州株式会社の佐々木社長は、「体験することが大事だと考えています。現場に行って、その場の雰囲気を全身で感じとっていただけるような体験型の活動に活用していただければ、ありがたいです」と話されました。

小川知事は、「いただいた寄附金は、社会で必要とされる課題の解決や困っておられる方に寄り添う活動に使わせていただきたい」とお礼の言葉を述べ、感謝状を贈りました。

なお、平成28年度のサポート事業の成果を「福岡県共助社会づくり基金ニュース」で紹介しています

前のページへ戻る

ページの先頭へ戻る