1. 福岡県共助社会づくり基金
  2. 助成情報と活用実績
  3. 活用実績
  4. タイトル

助成情報と活用実績

【サポート事業のご紹介】広がれ!ふくおかこども「おにぎり塾」 成果報告

2017年11月10日

■事業名
広がれ!ふくおかこども「おにぎり塾」

■協議体名
ふくおかこども「おにぎり塾」隊

■構成団体と役割分担
特定非営利活動法人食育推進ネットワーク福岡
・事務局、広報活動、ボランティアスタッフの選定、マニュアル編集会議

一般社団法人日本社会連携機構 九州沖縄地方委員会
・イベントや調理実習時の広報援助、ボランティアスタッフ、マニュアル素案作り

<課題や背景>
現代の子どもたちは、メディアからの知識は豊富にあるものの、体験的学習の機会が不足している。また、近年子どもの貧困が社会問題となり、各地で子ども食堂などの支援活動が行われているが、継続が困難であったり、支援したくても方法がわからない地域住民も多い。

<主な取組内容>
小学生を中心とした子ども達が、農薬を使わない畑に年に数回行き、さつまいもの収穫や保存食作りなどを通して、先人の知恵を学ぶ。また、公民館に宿泊する「自分で作る朝ごはん」では、朝ご飯の必要性を学ぶとともに、味噌汁の作り方や火の取扱い方を学ぶ。さらにこれらの活動を通して、地域の方向けに、子どもとの接し方や子ども食堂等各種支援方法についてのマニュアル素案を作成する。

<期待する効果>
子どもたちは、農場での体験や朝ご飯作りを通して、食べ物と命の関係に気付き自分で食事を作ることができるようになり、それにより自尊心を持ち積極的にチャレンジする心を持った子どもに成長する。
また子ども支援のマニュアル作成や、地域の大人を活動へのボランティアに巻き込むことで、地域をあげて安定・継続した子ども支援ができるようになる。

<助成金の使途>
総事業費:659,410円(うち助成額500,000円)
使途:農場や農機具の使用料や、活動の企画・運営に伴う人件費、子どもたちの募集を行うチラシ等広報費用に活用
 

前のページへ戻る

ページの先頭へ戻る