1. 福岡県共助社会づくり基金
  2. 助成情報と活用実績
  3. 活用実績
  4. タイトル

助成情報と活用実績

【サポート事業のご紹介】不登校、発達障がい児を支援するための無料訪問相談支援事業 成果報告

2017年11月10日

■事業名
不登校、発達障がい児を支援するための無料訪問相談支援事業

■協議体名
福岡訪問型子ども支援協議体

■構成団体と役割分担
NPO法人まちづくりLAB
・訪問相談支援の実施

NPO法人いるかねっと
・困難を感じている家庭の発見及び紹介

おやのかいMIRAI
・困難を感じている家庭の発見及び紹介

株式会社DAN
・広報ツールの作成

行政書士保利法務事務所
・事務処理及び進捗状況の管理

<課題や背景>
不登校や発達障がいなどの困難を抱える児童は、対人不安や外出への抵抗感を持っており、支援機関まで相談に行くことが出来ずにいる。そういった家庭に対しては、訪問型の相談支援が必要になってくるが、その場合、個々の家庭や児童の様子を把握し、それぞれの悩みにそった支援をする必要がある。

<主な取組内容>
親の会や各種関係機関と連携し、情報共有を行いながら、不登校や発達障がい等の課題を抱える家庭に対し、段階的かつ継続的な無償の訪問相談支援事業を実施。

<期待する効果>
それぞれの家庭の課題に合わせた支援を行い、家庭・子どものよき理解者となって寄り添うことで、子どもの対人不安を軽減し、自己肯定感の向上を目指す。また各種関係機関と連携し、継続して包括的な見守りができるような体制を構築する。

<助成金の使途>
総事業費:509,920円(うち助成額500,000円)
使途:主に相談費用や事務業務に係る人件費に活用
 

前のページへ戻る

ページの先頭へ戻る